【MAIDO POS】バージョンアップ完了のお知らせ

平素よりMAIDO SYSTEMをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

先日よりご案内しておりました『MAIDO POS バージョン 1.3』大型バージョンアップが14:20をもちまして
完了しましたのでご報告いたします。

現在は問題なくログイン及び各機能の利用が可能となっております。
ご利用の皆様方にはご不便をおかけしましたが、引き続きMAIDO SYSTEMをよろしくお願い申し上げます。

最新のMAIDO POSアプリは、MAIDO POSコントロールパネルの『ダウンロード』ページ、またはアプリの
自動アップデート機能よりダウンロードできます。

MAIDO POSアプリをご利用のユーザー様にはお手数をおかけいたしますが、アプリのアップデートを行って
いただきますようお願い申し上げます。

ご注意

4月20日の12時以降は、現バージョンのMAIDO POSアプリはご利用いただけません。

必ず最新バージョンのMAIDO POSアプリにアップデートいただきますようお願いいたします。

※旧バージョンPOSアプリの起動や再起動はできますが、「同期」することはできませんのでご注意下さい。

インストール方法

MAIDO POSアプリの起動時に最新バージョンのダウンロード確認画面が表示されます。
確認画面の指示に従って、最新バージョンのダウンロード、インストールを行って下さい。

バージョンアップ内容

【MAIDO POSアプリ】バージョン1.3.6 追加・変更

「予約管理」機能と連動

  • MAIDO POSの操作画面から予約の入力、確認ができるようになります。
    予約情報はMAIDO SYSTEM「予約管理」機能と連動し、リアルタイムに予約状況を
    どこからでも確認いただけます。

    当日の予約席はMAIDO POSの座席にリザーブマークが表示されます。
    リザーブマーク表示タイミングは任意で設定が可能です。
    ※ご利用には「プレミアム機能」の登録が必要です。

「商品フラグ」を追加

  • 商品ごとに「フラグ」を設定し、注文画面に表示できるようになります。
    フラグ1には「おすすめ」や「限定」など受注する際の目安になるアイコンをご用意しました。
    フラグ2の5色の旗マークについては、店舗様の任意でご活用いただけます。

プリントスプール機能の追加

  • プリントスプール機能実装により、大量の注文をキッチンプリンターへ出力する際の
    印刷待ち時間がなくなります。

印刷向反転設定の追加

  • MAIDO POSで印刷される各種伝票の印刷の向きを上下反転することができます。
    TM-T90Ⅱを縦置きで利用される場合など、キッチン伝票が見やすくなります。
    ※動作確認済み機種は「EPSON TM-T20II、TM-T70II、TM-T90II」の3機種になります。
    上記3機種以外は動作保証いたしかねますので予めご了承下さい。

客数の初期値(デフォルト)を設定

  • 従来の伝票作成時は「客数1名」が初期値となっていましたが、この初期値をお客様で
    設定できるようになります。

モード別バックアップ機能

  • 通常モードとトレーニングモードの モード別にバックアップできるように改善しました。

【MAIDO SYSTEM】バージョン2.4.5 追加・変更

店舗コード自由設定

  • 自動発番制であった「店舗コード」を任意のコードに変更可能になり、
    よりセキュアになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Choix it!
Share on FriendFeed

カテゴリー: お知らせ, メンテナンス情報

コメントは受け付けていません。