【最重要】Windows10大型アップデートへの対応について【6/2再掲載】

さて、Windows10の大型バージョンアップ「Windows 10 Creators Update」が、明日「4月11日」より提供開始となり、ご利用中のMAIDO POS端末でも順次自動アップデートされる見込みです。

つきましては、「Windows 10 Creators Update」による影響等につきまして、以下の通り改めてご案内申し上げます。

お客様の営業等に影響を与える内容も含んでおりますので、かならずご確認のうえご対応をお願いいたします。

【本案内の対象となるユーザー様】

●「2017年4月11日以前」に当社よりMAIDO POS専用ハードセットを納品させていただき、Windows10にてご利用中の店舗様
(※2017年4月11日以降に納品のお客様には本件対応済みで出荷いたします。)

【1】営業に支障をきたさない「事前対策」のご案内

今すぐ、アクティブ時間の確認と設定をお願いします。

「Windows 10 Creators Update」の自動アップデートは、1時間~2時間かかります。
営業中にアップデートが発生しないように「アクティブ時間」の設定を確認し、必要に応じて変更してください。
営業時間が12時間を超える店舗様では、ピークタイムをカバーするように設定の上、WindowsUpdateの再起動通知にご注意下さい。

(アクティブ時間の確認・変更方法)http://www.maido-system.net/archives/3767

【2】正規リリースで発生する不具合、トラブルについてのご注意

正規リリース版にて検証をおこなったところ、以下の不具合を確認しております。
「Windows 10 Creators Update」後に発生した場合は以下の通り対応をお願いいたします。

●Bluetoothプリンター(TM-T20II、TM-m30等)に接続できなくなる

大型アップデートにより、Bluetoothで接続しているレシートプリンターの接続情報に異常が発生していると考えられます。

本現象が発生した場合には、プリンターを再接続する必要があります。

▶Bluetoothプリンターの再接続方法

レシートプリンターの接続にBluetoothを使用しているかどうかについては下記をご確認下さい。

プリンター接続形式を確認する方法

●「レジ画面を開く」ボタンから操作画面を開けない

大型アップデートにより、Webブラウザの既定のアプリの設定が「Microsoft Edge」に変更されている可能性があります。

Webブラウザの既定のアプリを「Google Chrome」に変更いただくか、MAIDO POS Browserをご利用下さい。

▶Chromeヘルプ「Google Chromeを既定のブラウザにする」

●「高速スタートアップ設定」が有効になる

Windowsの「高速スタートアップ設定」は、PCの起動を早くする為のWindows8以降に実装された機能ですが、この機能が原因の不具合、トラブルがMAIDO POSのみに限らず様々報告されております。

▶「高速スタートアップ設定」の変更方法

【3】「Creators Update」適用後のご対応について

「Windows10 Creators Update」実行後には、かならず最新版の「Windows10対応ツール」をダウンロードし実行してください。

「Windows 10 Creators Update」によって、弊社で端末に設定している設定の一部が初期化されてしまいます。
当社が用意している「Windows10対応ツール」をダウンロードし「実行」することで、自動で設定の最適化を行います。
※安定してご運用いただくために必ず実行して下さい。
※以前にダウンロードされたものではなく、改めて最新版をダウンロードして実行して下さい。

【4】ICカードリーダーについて

プレビュー版でご案内しておりましたICカードリーダーの不具合については、正規リリース版では発生しないことを確認いたしました。

ただし、端末やドライバの状態により発生する可能性がございますので、引き続きご注意いただきますようお願いいたします。

●ICカードリーダーの接続エラー

(事象)

OS起動中にICカードリーダーを抜き差しした場合、ICカードリーダーのサービスが停止し、MAIDO POS Browser起動時にICカードリーダーのエラーが表示されます。この現象はWindowsを再起動するまで続きます。
(OS起動時に、ICカードリーダーを接続されていない、または接続されている状態であれば問題ありません)

また、MAIDO TIMECARDで、ICカード(※当社専用カードを含むMifare形式)の読み取りができなくなります。

(原因)

ICカードリーダーのドライバ自体のOS未対応が原因と考えられます。

(対策)

親機PCをシャットダウンし、ICカードリーダーを接続の上、電源を入れなおしてください。
※ICカードリーダーのドライバ対応までの対策となります。

※ご注意:上記はあくまでもプレビュー版での不具合となり、正規リリース版で同様の事象が発生するかはわかりません。

【4】その他のご注意

●「Windows 10 Creators Update」について、手動でのインストール作業はお控えいただき自動アップデートをお待ちください。

尚、アップデートを回避することはできません。かならず(1)のアクティブ時間の設定を行い、アップデート後には(3)のWindows10対応ツールの実行をお願い致します。

以上となります。
安定して運用いただけるよう検証結果は随時ご案内いたしますので引き続きご留意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Choix it!
Share on FriendFeed

カテゴリー: お知らせ, メンテナンス情報

コメントは受け付けていません。