MAIDO SYSTEM とは

外食ベンチャーが作った オールインワンソリューション

2004年 当社代表である岡部が、小さな居酒屋を開業したのが、
当社の原点です。その後、チェーン展開を開始するのですが、
そのチェーン展開の武器として、自社開発したシステムが「MAIDO SYSTEM」です。

自社基幹システムとして、店頭業務はもちろんバックオフィスの管理集計業務までを一気通貫管理することで
最大限の省人化&効率化を実現したまさに「外食ベンチャーがつくったオールインワンソリューション」です。
現在、外食事業からは撤退した当社ですが、当社がもつ外食運営ノウハウと、
10年以上、累計4,000店舗への導入経験が蓄積した「MAIDO SYSTEM」をぜひご活用ください。

地域の有力フードベンチャーから

選ばれる5つの理由

  1. 1

    全て入った
    オールインワン!

  2. 2

    最短5分で
    今すぐ使える!

  3. 3

    業界最安
    クラスの
    低価格

  4. 4

    飲食店の
    DX化を
    実現する
    先進機能!

  5. 5

    絶対の
    導入費用効果!

1.

全てが揃ったオールインワン

すべての機能が連動し、入力から集計までを自動化。究極の省人化をお約束します。

2.

最短5分!今すぐ利用可能!

クラウド管理機能「MAIDO SYSTEM」は、わずらわしい手続きや書類は不要!WEBからいますぐ無料で利用いただけます。

3.

業界最安クラスの低価格!

サービス開始から、一貫して値上げせず、格安価格を維持しております!

煩わしい契約手続きは不要!
今すぐ無料利用開始できます!

  • 初期費用
    不要
  • 無料期間
    最大2ヵ月

月々

1店舗

1,980

(税別)

円~

※御持ちのPC等で「MAIDO SYSTEM」クラウド管理機能を導入される場合の費用です。
※POSレジ等のハードセット代金やインターネット回線の費用は含んでおりません。

4.

飲食店のDX化を実現する先進機能

モバイルオーダーからセルフレジまで、先進機能を装備。

飲食店内でDX化が進んでいる様子を表した図

ホール業務フルセルフを実現!

業界トップクラスの先進機能を搭載。飲食店のDX化を無理なく実現できます。

モバイルオーダーからセルフレジまで、先進機能を装備。
あらゆる業態、ニーズにお応えできます。

5.

絶対の導入費対効果

格安かつ高機能だから、多くのユーザー様で、導入効果を実感頂いております。

  • 【事例1】

    クラウド管理機能のみご利用されて、
    事務コストを削減!

    月々たった1,980円で、給料計算や売上管理にかかる作業から解放されます。

  • 【事例2】

    セルフオーダー導入で、
    ホール人件費削減&注文数UP

    1日当たり1,076円(時給1時間分)で、すべての受注作業がゼロになりますので、大幅な人件費を削減できます。
    また、セルフオーダー化により、注文数は増加しますので、確実に費用対効果を得ることができます。

  • 【事例3】

    他社モバイルオーダーからの買い替えでランニングコストダウン

    他社モバイルオーダーからの買い替えで、年間約20万円のコストダウンが可能です。さらにお店のフリーWiFi機能も無料で追加できます。

お店のニーズにあった、効果的な導入プランをご提案いたします。

飲食店の売上管理とは?(損益管理)を把握するため

飲食店の売上管理とは、売上の記録、分析、予測を行い、事業の持続的な成長を支えるための一連の活動です。

具体的には、以下の業務が該当します。

売上記録: 日々の売上高、注文数、客数、平均単価などのデータを記録します。

売上分析: 時間帯、曜日、季節、イベントなどによる売上の変動を分析して、売れ筋商品や不振商品を把握します。

原価管理: 売上と原価とのバランスを取り、利益率を最適化します。食材の仕入れ価格の変動やロスを管理し、適切な価格設定を行います。

収益管理: 実際の売上データを基にして、目標売上との差異を分析し、目標達成に向けた改善策を講じます。

予算計画: 過去の売上データと市場の動向をもとに、将来の売上予測を立て、予算計画を策定します。

キャッシュフローの管理: 売上から生じる現金流の管理を行い、経営の健全性を保ちます。

経営状況(損益管理)を把握するため

リアルタイムに損益確認

売上高の内訳や部門や客数の詳細な集計結果をリアルタイムに確認することが可能です。
毎日、売上日報を入力する事で売上目標に対する達成率や売上の着地予想が表示されます。

着地予想を参考にしながら月後半のシフト量等を調整することにより、利益確保に繋がります。

また、部門ごとに日平均売上や坪売上、席売上、着地予想の集計結果や、客数の日平均売上や平均客単価、着地予想の集計結果を確認することも可能です。

関連ページ:
損益管理機能

気になる原価率も自動計算

仕入高と原価率もリアルタイムに自動計算されます。
もちろん原価率の着地予想も表示されるので、仕入量の調整を行うことが可能となります。

また、レシピ管理機能を使って出数入力を行う事で、理論原価も自動計算されるので、実際原価との差『ロス率』を確認することも可能です。

関連ページ:
損益管理機能

利益の確認と全体構成比

総売上額から仕入額、人件費、各経費を差し引いて、利益額が自動計算されます。

売上から差し引かれる経費等は全て売上に対する割合が計算されますので、全体構成比を円グラフで確認したり、F/Lコストを確認することも可能です。
全体構成比を円グラフで見ることにより、支出の無駄を発見することに繋がり、支出の見直しを行うことで、利益アップに繋がります。

関連ページ:
損益管理機能

予算管理で目標設定

目標設定を行う上で重要な予算管理を行うことも可能です。

各項目には前年同月の実績数値も表示されているので昨対比を見ながら効率的に予算を立てる事ができます。

もちろん、立てた予算の全体構成比を円グラフで確認することも可能なので、予算を立てる時点で無駄を発見することが可能です。

関連ページ:
予算管理

売上管理システムを導入するメリット(損益管理)を把握するため

売上管理システムを導入することで、以下の2点に関するメリットが得られます

日々の集計が簡単になる

時間の節約

手動での集計作業には多大な時間がかかりますが、システム導入により自動で売上を集計できるため、その時間を他の業務に充てることができます。

エラーの減少

手作業でのデータ入力はミスが発生しやすいですが、自動集計により入力ミスや計算ミスが減少します。

リアルタイム性

売上データをリアルタイムで確認できるため、即座に対応策を講じることが可能になります。

日々の売上データからレポートを生成する作業が容易になり、経営判断に必要な情報を迅速に提供できます。

複数店舗の売上状況が把握しやすくなる

売上管理システムを導入することで、経営者や店舗管理者は日々の売上の動向を正確に捉え、迅速な意思決定を行うことができ、組織全体の効率性と収益性の向上に寄与することが期待できます。

一元管理

複数の店舗のデータを一つのシステムで管理することができ、それぞれの店舗を個別に管理する手間が省けます。

比較分析

店舗間での売上の比較が容易になり、どの店舗が良好な成績を収めているか、または改善が必要かを瞬時に把握できます。

最適なリソース配分

各店舗の売上状況に基づき、人員配置や在庫管理などのリソース配分を最適化できます。

成功事例の共有

売上が好調な店舗の戦略を分析し、他の店舗に展開することで、全体の売上向上を図ることができます。

集中管理によるコスト削減

一元化されたシステムを通じて、会計監査や税務申告の手間とコストを削済むことが可能です。